長楽寺 平家物語ゆかりの寺 長楽寺
長楽寺
ホーム
ご縁起
収蔵品
境内の四季
参拝記念品
宿坊案内
お問い合わせ
リンク
時宗宗祖一遍上人像
長楽寺の由来 長楽寺参道参 道
延歴24年(西暦805)桓武天皇の勅命によって、伝教大師を開基として大師御親作の観世音菩薩を本尊として創建された。当初(平安時代)は天台宗・比叡山延暦寺の別院として建てられましたが、その後室町時代の初期当時の一代の名僧国阿上人に譲られ時宗(宗祖一遍上人)に改まり、明治39年に時宗の総本山格であった名刹七条道場金光寺が当寺に合併され今日に至ります。
また、当寺はもともと円山公園の大部分を含む広大な寺域を持った有名寺でありましたが、大谷廟建設の際幕命により境内地を割かれ、明治初年、境内の大半が円山公園に編入され今日に至る。
御本尊文字
御本尊准胝観世音菩薩は、伝教大師入唐の際、海上俄に暴風起り、船まさに破れんとした時、大師舳にすすみ、除難のため三宝の救護を祈願し給うに、忽然として光明照耀して、二頭の竜神その頭に准胝観世音を奉戴して、大師の船側に近づき、観世音菩薩大師の御衣の袖に飛び移り拾うと覚えて、風波鎮まり無事御帰朝の後、この海上示現の尊像を自ら刻んで当寺の本尊として奉安し給うもので、霊験たぐいなく、古来勅願所として歴代天皇の御帰依深く、勅封の秘仏として奉安せられ、歴朝の御即位式及び御厄年のみに御開帳される秘仏でございます。
御前立
本堂文字
延歴年間創立、昌泰年中修復(898)、正保年中再建(1644)明治十八年丙丁の災いにあい、廃壊撤却し、明治二十三年西賀茂正伝寺の法堂(元桃山城御成門中に在りしを正伝寺に移したもの)を当寺に譲り受け今日に至ります。「今昔物語」に一条天皇の朝(九六六即位)巨勢広高、本寺新堂の壁に、地獄変の名画を揮毫して名を得たと言います。
本堂 准胝観音菩薩(御前立)
准胝(じゅんてい)は、「准堤」とも書き、サンスクリット語の「チュンディー(清浄の意味」からきています。インドでは「仏母(ぶつも)」としてすべての菩薩の母という位置づけになっていたことから、安産や子宝の仏という信仰もあります。
仏像は一面三眼十八臂(じゅうはっぴ)が一般的。穏やかな表情で、十八本ある手のうち真手(しんしゅ)の二本以外の脇手は持物(じもつ)をもっています。
このページの上へもどる▲
黄台山 長楽寺 TEL.075-561-0589 FAX.075-561-8550
ホーム収蔵品行事交通案内境内の四季参拝記念品宿坊の案内お問い合わせリンク
このサイトの画像や文章等の全ての無断転載はおことわりいたします