本作品は、「No Name」番外編にあたります。
なので、本編を先にお読み下さいね(^^)
今回は本編よりかは明るめを目指してみたのですが
いかがでしょう(笑)
個人的には色々と書いていて楽しいところがありましたが。
思っている以上に長くなってしまい、当初の「前・後編」予定がかなり
長い話になってしまいました。
とは言え、実はまだ書きたい部分がいっぱいあったんですが・・。
ま、でも番外編なのでこれくらいが丁度良いかなと思ってます。

では、下のENTERからどうぞ。



     >>>>ENTER