関西ニューアート

Last Updated 2004/12/31 10:44 Rev. 32


Topics
掲載の情報は2002/5/6時点の古い情報です。
最新の情報は劇場などの公式サイトを参照下さい。
名称 関西ニューアート(かんさいにゅーあーと)
電話番号 06-6562-0878
料金 早朝 3,000円/平日12:00迄
4,000円/土日、祝祭日12:00迄
割引券の併用はできません。
一般 4,000円/平日
5,000円/土日、祝祭日
サービスタイム 3,000円/平日、土日、祝祭日 17:00〜20:00
割引券 モギリでもらう事ができます。
※黙っていると貰えないかもしれませんが、声をかければ快く分けてくれます。
次回から提示すれば通常興行でも特別興行でも1,000円引きに成ります。
見せるだけで回収されません。
一枚で何人でも割り引きになります。
他の割引(含む早朝割引)との併用はできません。
劇場外で入手できるかは不明です。(たぶん入手できないと思います。)
回数券 4回分で10,000円、有効期限3ヶ月[2002.5上実績]
切り離し、使い回し不可です。
下記の追加料金が必要です。[2002/5上情報]
早朝/土日、祝祭日 1,000円
一般/平日、土日、祝祭日 1,000円
会員券 80日間(2001/12/12〜2002/3/1)フリーパス
\40,000円(1万円値下げ!)
現在予約受付中[2001/12/6実績]
現在会員券を所有している方も早めに手続きを行って下さい。
その他 10日に1度、終日2,000円デ−を設けていました。
次回の日程は未確認です。
上演時間 開場 11:00[場内放送より]
10:00[1999.3.11のスポーツ新聞より]
開演 12:00
終演 22:30
タイムテーブル 2部制です。
第1部:素人中心のステージ(無料のものとチケット制の混成)おたちだい、プライベートダンス、レンズショー、ソロダンス&ソロベットなど。(注:ポラないようです。)
第2部:通常のストリップ形式(通常3香盤)で、ソロポラ&ソロや、SM大会など。
タイムテーブルは下記の通りです。(大体時間通り進行します)
1.12:00〜14:30
2.14:40〜17:10
3.17:20〜19:50
4.20:00〜22:30
第1部は素人さんのフィナーレが1〜4回目まであります。 
第2部はフィナーレはありません。
休憩時間の踊り子さんによる販売はなくなりました。
(注)4回目は進行がおおむね早く、22時ごろには全ステージが終了します。
アクセス 電車 地下鉄四ッ橋線 花園町駅から徒歩10分弱
新大阪からは、御堂筋線で大国町駅に行き、四つ橋線に乗り換えて花園町駅へ(30分)
※大国町駅での乗り換えは同じホームの反対側です。
※本町駅での乗り換えはお勧めしません、かなり歩きます。
1or2番出口を上がると大和銀行が目に入ります。
銀行脇の路地(幅4m弱)を道なりに進みます。
途中から「大阪信用金庫」の大きな青い看板が目に入ります。
信用金庫を過ぎた当たりの電柱(街灯?)に赤地に黄色文字の「関西ニューアート」の看板が付いています。
これを通過して最初の十字路(コンビニあり)を右に曲がると劇場の看板が目に入ります。
大和銀行から上記の十字路まで600m位だと思います。
「大阪信用金庫」に至前の十字路にもコンビニがあるので注意して下さい。

鶴見橋商店街のアーケードから行く場合、頭上に「中央商店街」の看板が見えたら、その真下の十字路を左折するとその先に「関西ニューアート」の看板が見えます。
※看板はわかりにくいかもしれません。十字路から劇場の看板が見えるので、豆に確認する事をお勧めします。

新幹線等で来られる方は、時間に余裕があれば環状線で今宮下車、徒歩15分という選択も可能です。
ほぼ真南に進むと劇場です。[関西ニューアート広域地図]参照の事
改札を出て左に向かい、つきあたった団地に沿って左へ曲がる。
直進すると大きな国道に面するので渡ってから右へ曲がる。
歩道橋をパスして最初の角を左へ曲がると後は一本道。
ずうっと歩いていくと鶴見橋商店街と交差します。
商店街を越え少し歩くと右手にあります。
今宮は大阪市内なので追加電車賃が助かる場合もあると思います。

地下鉄が便利なので、レインボーカードがあると乗り降りに便利です。1,000円から買えます。
梅田〜花園町 230円
難波〜花園町 200円
地下鉄の終電は24:00より、前なので、飲んでから帰られる方はタクシーが必須です。
(東京では考えられないくらい早く終電が終わる)
難波か梅田で飲んだ方がよいかもしれません。
横浜に帰られる方は近鉄難波のOCATから横浜西口に行く深夜バスがあります。ブルーライト号です。
とり前ぐらいまで、見ても十分間に合います。
待合室は新しいためか綺麗です。
片道8,230円、往復14,800円
3ヶ月有効の回数券(4枚つづり)もあります。
値段は2往復分と同じ値段です。
OCATはJR難波駅の上にあります。2Fです。
ダイヤ改正が近々あって、横浜西口に着く時間が早くなります。
近鉄難波(OCAT)→横浜西口
23:02      6:37
横浜西口→近鉄難波(OCAT)
22:30   6:32
新幹線で帰られる方は、4回目のトップがギリギリかと思います。2番目まで見るとスリルが味わえます。

 
駐車場 劇場 劇場の1階が駐車場に成っています。
500円徴収されます。
駐車台数はスペース的には5〜6台、キーは付けたままで通路も含めるとあと4台ほど置けます。
有料  
ロビー オアシス
劇場に併設されている喫茶室です。
ビール(700円)、チュウハイ(700円)、ソフトドリンク(500円)、つまみ(200円)などが販売されています。
オアシスへの飲食物の持ち込みは営業時間内(開始は日によりますがほぼ開演から午後21時まで)は禁止です。
「よくわからないショーケース」(下記見取り図参照の事)には、下着等が展示されています。(販売はされていない)
次回予告のところには、出演予定者のポスターがはられ、インターネットの香盤情報はなくなりました。[2001年5月以降]
テレビはなくなり、冷蔵庫は使用されていません。
オアシスの外にたばこの自動販売機が置いてあります。
外出 テケツで外出券をもらいます。
1日1回1時間以内です。
買い物 一般 劇場へ行く途中にコンビニがあります。
ただし、第四日曜日が休みです。
その向かいにパン屋さんがあるので、そこで第四日曜日は買い物ができます。
大和銀行の斜め向かい方向にローソンがあります。
大和銀行脇から劇場へ向かう道と平行する1本北側の通りが賑やかな商店街です。(鶴見橋商店街?アーケードあり)
小売店中心ですが、飲食店から雑貨まで一通りの物はあると思われます。
劇場に行く途中にビールの自動販売機(酒屋さんの前の所)があります。
花園町駅の住之江公園方面側(3or4番出口)交差点に金券ショップがありました。
花屋 商店街にあります。(地図参照の事)

阪急電車の梅田駅近くの花屋さんが盛況です。
アレンジメントで4,000円から5,000円程度です。(消費税別)
阪急デパート1階(南側)にも花屋さんがあります。
アレンジメントならそこでも良いかと思います。3,000円から4,000円程度です。(消費税別)
こちらはあまり混んでいないので、時間がない時は助かります。

飲食 近くに商店街があるので、飲食するところは沢山あります。
劇場に行く途中に、串カツ屋さんが2軒あります。
すし屋さんも1軒あります。
(お風呂屋さんも1軒あります。)
宿泊  
郵便番号 557-0031
住所 大阪府大阪市西成区鶴見橋2-9-1
位置 東経135度29分39秒 北緯34度38分31秒
応援 特に制限なし
(紙テープ投げ込み、クラッカー、ジェット風船)
紙吹雪が禁止になりました(オアシス内表示より)[2000.2下の情報]
舞台 前盆が大きいので大柄な踊り子さんでものびのびとしたベッドステージが可能です。
客席 場内はゆるやかなすり鉢の形です。
ほぼ、どこからでも見易いと思います。
ホームページ  
携帯電話 形式 DoCoMo
800MHz
DoCoMo
1.5GHz
DoCoMo
PHS
cdmaOne DDIポケット
場内 後方はアンテナ2本 アンテナ3本 後方はアンテナ2本   使用可能
ロビー 通話可能 通話可能   使用可能
オアシス 通話可能 通話可能 時折アンテナ1本位に成ります。 使用可能
その他 チケットを買って、階段を上がったところがモギリの所です。
1999.2中旬から場内が完全禁煙になりました。
テケツで「ひやしあめあめゆ」が販売されています。
先般お邪魔した時は勝手に名物扱いにさせて頂きました(^^;なんだか判らない人は是非試して見て下さい。

見取図

地図
[関西ニューアート広域地図]も参照ください。

CopyRight SEI

掲載した地図は、AtlasMate を使用し作成しました。
AtlasMate は、住友電工システムズの製品です。
著作権は、すべて住友電工システムズまたは商品(AtlasMate)に記述された者に帰属します。
地図の複製は禁止されています。

住友電工システムズのホームページ


ご意見、ご感想はこちらまで。 E-mail:二代目げんさんgensan@x.age.ne.jp Twitter:二代目げんさん(2gen3)

ホームページ内の画像及び文章の無断転用は堅く禁じます。

Copyright(C) 2000〜2018 All rights reserved by 二代目げんさん