群像社のトップページ
「ロシア文学を読もう」トップページ
「ロシア文学を読もう」バックナンバー
バーベリという作家 オデッサ、そして黒海へ バーベリのエッセイ「オデッサ」
関連マップと写真 帝政ロシアと東方ユダヤ人 オデッサの洗礼を受けた作家たち
オンライン版「ロシア文学を読もう」
Одесса ― オデッサ ― ODESSA
戻る

「ロシア文学を読もう」は群像社を支援する愛読者が
  非営利目的で発行する電子フリーペーパーです。
  




バーベリが一時住んでいたアパート。 
 
 
 


当時のままの暖炉と現在の住人。
彼女の祖父はジャーナリストでバーベリと親しく、
アパートを譲ってもらったという。
 

 

探訪 作家の住んだアパート

 
 
 

バーベリがかつて住んでいたアパート(左列一番上の写真) 。 

記念館になっているわけではなく、現在人が住んでおられます。そういう事情で一般は入れないのが普通ですが、つてをたよりに訪問された方がいらして、今回このページのために貴重な写真をお貸しいただきました。

暖炉の前に立っておられる女性が現在の住人(左下の2番目の写真)。ジャーナリストであった彼女のおじいさんが、バーベリと親しく、このアパートを譲り受けたというお話です。

右列一番上の写真がバーベリが使っていた部屋。
その下の写真のペチカも暖炉と同様、作家のいた当時から残っているものです。

バーベリは部屋を譲ったときに、自分の使っていた戸棚を残していったそうです(右一番下の写真)。バーベリがこの引き戸を毎日のように開け閉めしていたかと思うと、主は変わろうとも時代を一瞬にしてさかのぼるような感覚に襲われます。
 

写真提供 渡辺聡子さん

 

「ロシア文学を読もう」編集部へご感想をお寄せください。 
   「読もう」編集部 yomo@gunzosha.com
  
「ロシア文学を読もう」は群像社を支援する愛読者が 
  非営利目的で発行する電子フリーペーパーです。 
  読者と出版社をつなぐ新しい形を模索していきたいと思っています。


 







 


バーベリが使っていた部屋。
 
 


往年をしのばせるペチカ。


バーベリが残していった戸棚。