ロシア演劇をみよう!

2003年 ロシア演劇上演のご案内
演劇は モスクワ ユーゴザーパド劇場 再来日!! 祭りだ!
2003年5ー6月 尼崎公演を皮切りに全国へ、東京へ!(詳しくは公演日程をクリック!)

 

ユーゴザーパド劇場の「かもめ」についてはここをクリック!   ユーゴザーパド劇場の「巨匠とマルガリータ」にいてはここをクリック   ユーゴザーパド劇場の「夏の夜の夢」については、ここをクリック!!

‖‖‖‖‖‖ 「かもめ」 ‖‖‖‖‖‖‖ 「巨匠とマルガリータ」 ‖‖‖‖‖‖‖「夏の夜の夢」 ‖‖‖‖‖‖

このページの掲載物は
「ロシア演劇」2002 7号2002年11月1日発行)によります。

目次

生と死を孕む カーニバルの爆発 ― ユーゴザーパド劇場   堀江新二 ‖ 圧殺された名作の齎す知的興奮 ―ユーゴザーパド劇場の「巨匠とマルガリータ」を見て 菅井幸雄
劇作家としてのブルガーコフ 川端 香男里 ‖ 『夏の夜の夢』 ―祭りと哄笑と神秘の世界 堀江新二 ‖ベリャコーヴィチの『かもめ』  楯岡久美
国立モスクワ マールイ劇場「かもめ」 富山オーバードホールで単独公演 ユーリー・ソローミン マールイ劇場のうつくしい名優  安達紀子
書評 『ロシアを友に』(宮澤俊一遺文集) 関きよし ‖ 書評 『帝政ロシアの農奴劇場』 村山久美子
ロシア国立モスクワ・ユーゴザーパド劇場招聘(2003)実行委員会の発足にあたって 

堀江 新二氏による
観客を魅了しつづけた「巨匠とマルガリータ」の舞台 ―ソ連の崩壊前と崩壊後 のページは

「巨匠とマルガリータ」のめくるめく世界←ココをクリック! 

このページのトップに戻る↑