阿部義弘活動歴






(前進座・文化座の経宣部長を経て)

1963年  文学座に入座。当時、芥川比呂志、岸田今日子らの大量脱退で混乱中だった宇野重吉の推薦で入座。演劇制作郎の責任者として、積極営業を展開、特に現在の演劇鑑賞会の前身である労演を営業の柱にしたり、開揚時の名古屋中日劇場と結びつけたり、松竹と提携して南座公演を実現させるなどして、危機を切り抜ける。
 

1971年  同座を退団。浅利慶太主催の日本ゼネラル・アーツヘ。主に日生劇場の越路吹雪ロングリサイタル、ミュージカル公演路線を定着させるため、浅利氏の下で働く(日本ゼネラル・アーツ取締役)。
 

1976年  独立。主に異色のフラメンコダンサー長嶺ヤス子のフラメンコと創作舞踊の全公演を制作。アフロ、サンバ、ロックフラメンカ等の新機軸のフラメンコに加え、芸術祭大賞受賞の「娘道成寺」を制作。この舞台と、声明とフラメンコを融合した「曼荼羅」でニューヨーク公演を果たし大きな反響を呼ぶ。
 

1989年  銀座セゾン劇場によるレニングラード・マールイドラマ劇場の企画招聰に協力。同劇場の招聘公演は、阿部のリスクによるものであった。
 

1990年  モスクワ・ユーゴザーパド劇場を初招聘(パルコとの共催、朝日新聞社名義主催)。同年、モスクワ・マールイ劇場をジャパン・アーツが招聘。その助っ人をしたことが縁で、ジャパン・アーツで働くことに。1995年より、取締役(アーツ・エンターテインメント代表)。1991年:ソ連邦崩壊直前のグルジアから、トビリシ国立アカデミー・ドラマ劇場を招聘(パルコとの共催。朝日新聞社名義主准)。
 

1993年  モスクワ・マールイ劇場、2度目の来日(主催、ジャパン・アー・ツ、朝日新聞社名義主催)。
 

1996年  チェコのブラックライト・シアターを招聘(主催、ジャパン・アーツ)。ジャパン・アーツでは、その他、主に、ボリス・ポクロフスキー主宰のモスクワ室内歌劇場の招聘制作、ボリス・エイフマン主宰のンクトペテルプルグ・バレーシアター手掛け、日本公演の定着化をはかる。共に、ドラマ性を重視のオペラ、バレエ団。
 

1998年  ジャパン・アーツを定年退職。
 

2000年  (有)阿部事務所設立。同年、アートスフィア、全国演劇鑑賞団体と共同主催、モスクワ・ユーゴザーパド劇場を1990年に次ぎ招聘。ロシア近代古典の名作「どん底」(ゴーリキー作)、「検察官」(ゴーゴリ作)、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」で、全国11都市で34回公演、高い評価を受ける。
 

2001年  再びアートスフィアと共同主催、同劇場オープン10周年のメイン企画としてロシアでユーゴザーパド劇場と人気を二分する“旬の劇団"として活躍中のロシア国立ポクロフカ劇場を招聘。チェーホフ作「三人姉妹」、ゴーゴリ作「検察官」と「結婚」の三作品の招聘公演を実現。
 

2002年  11月、富山市でモスクワ・マールイ劇場3度目の公演「かもめ」を招聘。
 
 

‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖‖
 

(有)阿部事務所
 

 住所 : 〒353-0007 埼玉県志木市柏町2-29-47 

TEL : 048-475-0355 FAX 048-475-0732

「ロシア演劇」発行所 : 阿部事務所

編集・発行 阿部義弘
 

このページのトップに戻る↑

 
阿部事務所のこれまでを
公演プログラムでご紹介します

ユーゴザーパド劇場「ハムレット」1990年来日公演プログラム
1990年ユーゴザーパド劇場
「ハムレット
 
 

ユーゴザーパド劇場2000年来日公演プログラム

2000年 ユーゴザーパド劇場
「どん底」「検察官」「ロミオとジュリエット」
 

ポクロフカ劇場2001年来日公演プログラム
2001年ポクロフカ劇場
「検察官」「結婚」「三人姉妹」

そして……

ユーゴザーパド劇場「巨匠とマルガリータ」

2002年はぜひユーゴザーパド劇場の
「巨匠とマルガリータ」をお楽しみください。