お守り・お札の豆知識

 神社仏閣で売ってるお守りやお札、縁起物はあなたのまわりから不運の元となる「気」を吸い込んで閉じ込めて、悪いことが起こるのを減らしてくれています。けれども間違った持ち方をしていると、効果は半減、それどころか不運の逆流がおこって、運気が停滞してしまいます。

 意外と知られていない、お守り・お札・縁起物の扱い方の基本を紹介します。

 

●有効期限があるって知ってました?

 家内安全や無病息災といったようなお守り・お札は家全体の空間から悪い気を吸います。車に貼る交通安全のお札もその車にかかる悪い気を吸い込んで事故から車を守っています。例えるなら洋服ダンスの防虫剤や押し入れの除湿剤のようなもの。有効期限は年が明けてから、次の年までの1年間。だから、年の半ばに買うよりもお正月毎に新しいものに買い換えるのが一番お徳!古いものは埃を払って半紙、もしくは白い木綿の布に包んで、地域の神社(氏神様)の納札所へ納めます。

 持つ人の方に期限があるもの(受験合格や安産など)はいただいてから結果がわかるまでが、そのお守りの期限です。結果が出れば守っていただいたお礼をかねて、いただいてきた所へ納めに行く必要があります。

 縁起物にも有効期限があるものがあります。代表的なのは「まねきねこ」と「だるま」。背中にお金を入れるスリットがあるものが多いので、貯金箱として使い続けている方もいらしゃるのではないでしょうか?でも実は「まねきねこ」は商売繁盛を祈って、「だるま」は勝負事に勝つことを祈っておまつりする神様の出張所なんです。スリットに入れるお金は、お賽銭箱に入れる浄財と同じ意味を持っていて、貯まったら自分の貯金通帳に移すのではなく、1年毎に守っていただいたお礼として納めるもの。これも初詣か「十日戎」に器ごと納めて、毎年新しいものをおまつりすることが良いとされています。

●期限のないお守り

 パワーストーンや十字架・念珠などは、縁あってあなたの所へ来てくれた有効期限のないお守りです。長い間大事にしているほど、守りの力を強く受けることができるようになるもの。毎日身近に置いてあなたとの絆を強めていくことが大切ですが、その他に1年に一度お家を大掃除するように、彼等もきれいに清めて本来の力を十分に発揮できるようにする必要があります。

 方法はきれいに汚れを落として太陽の光に数時間当てることです。これは、年末にしなくてもたとえば、あなたの誕生日やそれがあなたのところへやってきた日などを目安にするといいでしょう。毎日力を分けてくれているお守りに対してのリフレッシュ休暇みたいなものですね。特にパワーストーンは必ずしてください。大事にされ気にかけてもらっていることを感じて、絆がより強くなります。

●裏技その1

 基本的に「期限切れのお守りは神社に納める」ことをしないと、なにかの拍子に悪い気の逆流がおきてしまう爆弾を抱えているのと同じと思う必要があるのですけど、たとえばとても大事な人から贈られたものだったり、印象深い出来事と深く繋がっていて、どうしても思い入れがあって手放したくないものって、ありますよね。

 あまり多く残しておくことはお勧めしませんが、そういうお守りの気の逆流を防いで「記念品」として手元に置いておく方法はあります。

 まず、用意するものは、半紙と塩、それにラップとお守りが納まる大きさの密閉容器です。

 最初に塩を薄く皿に広げて電子レンジで1分ほど加熱して水分を飛ばしてください。(炒ってもいいんだけど、焦げるからこっちの方が簡単)それをひとつまみづつ半紙で包んだものをお守りの数だけ作ります。お守りと塩を包んだ半紙を重ねてラップできっちり包み込んでください。それをまとめて密閉容器にいれて目線よりも高い場所に保管場所を決めてましょう。これでOKです。容器の外側は埃が積らないように時々拭いてください。

 でもねこれは裏技ということを忘れないで。そこにいれっぱなしにしてどんどん増やしてしまうことは、避けてくださいね。時には整理してあなたの現在にあわせて納札してもいいなと思えるようになったものは、半紙か白い木綿の布に包んで別に封筒に少量のお米をいれたものをそえて、氏神様に納めてください。

●裏技その2

 縁起物を使って、幸せを実感するための紅竜王妃流の方法を紹介しましょう。

 まねきねこの「福招き」(向って左手をあげている猫)ともうひとつ気に入った貯金箱を並べて置きましょう。どんな小さな事でも何か「良い事」だと感じれることがあった日には、貯金箱にその日お財布の仲で一番高額のコインをひとつ入れます。でも、つまらない1日だったり、嫌なことがあった日には、まねきねこの方にその日お財布の仲で一番高額のコインをひとつ入れて明日はこのようなことがないようにお祈りしてください。

 1年経ったら、お正月にまねきねこは神社に奉納します。または赤十字など福祉に役立ててもらえるところへ持っていくのもいいでしょう。そして、隣の貯金箱の中味は、あなたのためだけのことに自由に使いましょう。そう、苦しみは浄化させて、幸せは1年頑張ったあなたへの自分からのご褒美にするのです。

 そしてまた、あたらしいまねきねこを迎えて、次の年も、その次の年も・・・。年を重ねるごとにあなたの幸せは必ず増えていきますよ。