公益財団法人 日本のローマ字社 公式ホームページ

ローマ字書きでは Nippon-no-Rômazi-Sya, それを略して NRS とも記します。

出版物

雑誌「ことばと文字」

2014 年春に第 1 号が出ました。 好評発売中,全国の書店でお求めになれます。 年2回,4月1日と10月1日に発行の予定です。 会員の方にはお送りします。

「ことばと文字 1号」 国際化時代に「日本語の未来と文字を考える」新雑誌の創刊号。 発行公益財団法人日本のローマ字社。総発売元くろしお出版。 アメリカの日本語教育最新事情ほか、有益な情報が満載。田中克彦氏ほか豪華執筆陣20名。 定価 1000 円+税です。

画像をクリックすると拡大します。

ことばと文字 創刊号

機関誌「Rômazi no Nippon」

1928年以来の歴史を持つ雑誌です。 第2次大戦で発行が途切れましたが,1952年にあらためて第1号を出し,今日に至っています。 2014 年 4 月の第 666 号からは会員に送る機関誌となりましたが, 一般の方も,日本のローマ字社でお求めになれます。 定価600円,送料82円(3部まで.4部以上は無料。)。 ご注文は 振替(00120-3-547408,日本のローマ字社)で.すぐにお届けいたします。

新しい お知らせ

7月の研究会

おはなし 「ウイルヘルム・ロプシャイトの魅力を語る」  照山 直子先生(亜細亜大学講師)

ドイツ生まれの Wilhelm Lobscheid(1822-1893)は, 宣教師として中国に派遣されたが, 当時の民衆運動「太平天国」を支持して宣教師仲間から忌避されるなど, 型にはまらない人物であった。 一方,語学の才を生かし, 日米和親条約の締結にあたってはアメリカ側の通訳として来日したり, 大部の『英華字典』を著すなど, 幅広く活躍した人でもあった。 にもかかわらず、 日本ではあまり知られていないロプシャイトの研究を進める照山先生から、 彼の人間像に迫るお話をうかがいます。

どなたでも参加できます。どうぞおいでください。

ふるい お知らせ

ふるい お知らせ

連絡先

定款

リンク集


日本のローマ字社