公益財団法人 日本のローマ字社 公式ホームページ

ローマ字書きでは Nippon-no-Rômazi-Sya, それを略して NRS とも記します。

出版物

雑誌「ことばと文字」第2号

創刊号が好評を博した「ことばと文字」 第2号が2014年10月に発行されました。 全国の書店でお求めになれます。 会員の方には zika ni お送りします。

第2号では日本語教育史を特集しました。 前田均,金沢朱美,小川誉子美,酒井順一郎,祝利,宋群,伊藤孝行,河路由佳,田中祐輔の各氏が執筆しています。 ほかに「日本語の学習と教育 最新情報」(西原鈴子氏「日本語学習と文字表記」など), 「研究最前線」 (松田結貴氏「メディアに埋め込まれる文化的アイデンティティ:音楽タイトルにおけるローマ字標記についての考察」など), 「日本語教育の現場から」(浜田盛男氏「誤用の用」など)も。 詳しくはこちら 【http://www.9640.jp/xoops/modules/bmc/detail.php?book_id=96721&prev=released】 をご覧ください。 発行:公益財団法人日本のローマ字社。発売:くろしお出版。 定価 1000 円+税です。

機関誌「Rômazi no Nippon」

1928年以来の歴史を持つ雑誌です。 第2次大戦で発行が途切れましたが,1952年にあらためて第1号を出し,今日に至っています。 2014 年 4 月の第 666 号からは会員に送る機関誌となりましたが, 一般の方も,日本のローマ字社でお求めになれます。 定価600円,送料82円(3部まで.4部以上は無料。)。 ご注文は 振替(00120-3-547408,日本のローマ字社)で.すぐにお届けいたします。

新しい お知らせ

報告

NRS主催・くろしお出版共催による「シンポジウム:日本語表記と漢字の功罪」 が10月25日午後,東京・文京シビックセンターで開かれました。 冒頭,報告者代表としてあいさつに立った ましこ・ひでのり先生は, 「この4人はふだん,雑誌『社会言語学』の編集会議などで顔を合わせることは多いが, こうして4人一緒に登壇して一つのテーマで報告するのは初めてだ。 しかも今日の会は市民対象。良いチャンスをいただいた」と語りました。

続けて行なわれた報告と討論は,どれも鋭い問題意識に支えられた興味深いものでした。 その内容は,来春,本法人発行の雑誌『ことばと文字』第3号に採録される予定ですが, 当日の配布資料をご覧になりたい方は,eメールでご請求くだされば無料でお届けします。

写真1 は会場風景。 以下は報告する あべ・やすし先生(写真2) , なかの・まき先生(写真3), , かどや・ひでのり先生(写真4), , ましこ先生(写真5)  。 (いずれもクリックすると拡大します。)

ふるい お知らせ

ふるい お知らせ

連絡先

定款

リンク集


日本のローマ字社