日本のローマ字社 2017 年のお知らせ

    

Nippon-no-Rômazi-Sya 2017 nen no osirase

新年の集い 2017 報告

「集い」での発表が, 思いがけない発展を見せました.

この日は,葛原勾当がどのようにして日記を書いた(捺した) かを実演した動画が映し出されました. それを見た国文学研究資料館の教授・伊藤鉄也先生が, 「これは面白い! 今まで抱いていた疑問が解けた」とおっしゃり, 発表した葛原眞さんに,動画の一般公開をお勧めになりました.

葛原さんが承諾したので,伊藤先生は早速, ご自分が運営する「古写本『源氏物語』の触読研究」というサイト (http://genjiito.sakura.ne.jp/touchread/) にそれを載せてくださいました.

貴重な動画です.ぜひ一度ご覧ください(まずパスワードを発行してもらう必要があります).

Sinnen no Tudoi 2017 hôkoku

"Tudoi" de no happyô ga, omoigakenai hatten o misemasita.

Kono hi wa, Kuzuhara Kôtô ga dono yô ni site nikki o kaita (osita) ka o zituen sita dôga ga utusi dasaremasita. Sore o mita Kokubungaku Kenkyû Siryôkan no kyôzyu, Itô Tetuya Sensei ga, "Kore wa omosiroi! Ima made idaite ita gimon ga toketa," to ossyari, happyô sita Kuzuhara Makoto San ni, dôga no ippan kôkai o osusume ni narimasita.

Kuzuhara San ga syôdaku sita no de, Itô Sensei wa sassoku, gozibun ga un’ei suru "Ko-syahon `Genzi Monogatari' no syokudoku kenkyû" to iu saito (http://genjiito.sakura.ne.jp/touchread/) ni sore o nosete kudasaimasita.

Kityô na dôga desu. Zehi itido goran kudasai. (Mazu pasuwâdo o hakkô site morau hituyô ga arimasu.)

新年の集い 2017

  • とき: 2017ネン 1ガツ 15ニチ, 14:00~
  • ところ: NRS ジムショ
  • おはなし: 幕末を生き抜いた盲目の琴師 葛原勾当のひらがな日記を読む
  • はなして: くずはら・まこと (葛原 眞)さん
  • きどせん: 500エン(NRS カイイン わ ただ)

くわしく わ した の ポスター を ゴラン ください. なお, だざい おさむ (太宰 治) が 葛原勾当 の  ニッキ を ダイザイ に 「盲人独笑」 と いう タンペン を かいて います. ジゼン に およみ に なって おく と, トージツ の おはなし が ヨケイ  おもしろく なる と ゾンじます.

ポスター

青空文庫「盲人独笑」

Sinnen no Tudoi 2017

  • toki: 2017 nen 1 gatu 15 niti, 14:00-
  • tokoro: NRS zimusyo
  • ohanasi: Bakumatu o ikinuita mômoku no kotosi Kuzuhara-Kôtô no hiragana nikki o yomu
  • hanasite: Kuzuhara-Makoto (葛原 眞) san
  • kidosen: 500 En(NRS kaiin wa tada)

Kuwasiku wa sita no posutâ o goran kudasai. Nao, Dazai-Osamu (太宰治) ga Kuzuhara-Kôtô no nikki o daizai ni «Môzin Dokusyô» to iu tanpen o kaite imasu. Zizen ni oyomi ni natte oku to, tôzitu no ohanasi ga yokei omosiroku naru to zonzimasu.

posutâ

Aozora Bunko «Môzin Dokusyô»


日本のローマ字社 / Nippon-no-Rômazi-Sya