◆そーちゃんを読む◆

新選組関連の文献や作品はそりゃもう数えきれないほど存在します。ので、ここでは私が実際に読んだ物だけを挙げておきます。もちろん、新しく読んだ物については随時更新していくつもりです。
※コメント部分はあくまでも私の主観です。書評ではありませんのでご了承下さい。

小説 史料・研究書・雑誌特集 マンガ


◆小説(著者あいうえお順)
タイトル 著者・編者 出版社 コメント
壬生義士伝
(上、下)
浅田次郎 文藝春秋 新選組隊士・吉村貫一郎の生き様を通じて「義」とは何かを問う物語。途中で挿入されている吉村の東北訛りのモノローグと、吉村の息子の姿に泣かされました。
幕末新選組 池波正太郎 文春文庫 新八っつあんが生涯を通して大暴れする大活劇。近藤・土方主役の新選組の小説とはひと味違う角度から描かれていて面白いです。平ちゃんがなんか嫌なヤツになってる(笑)。
沖田総司 大内美予子 新人物往来社 そーちゃんが心優しい天才剣士として描かれています。新選組の小説の中でも際立って叙情的なストーリーですね。
沖田総司・暗殺剣 加野厚志 廣済堂文庫 そーちゃんが主役の幕末サスペンス。そーちゃんと妖しい魅力の巫女・龍子が京都で起こった事件に立ち向かいます。タイトルの割に好青年なそーちゃんです。
沖田総司・非情剣 加野厚志 廣済堂文庫 「暗殺剣」に次ぐ幕末サスペンス第二弾。芹沢暗殺に絡む新たな事件に立ち向かうそーちゃんと龍子。多くの伏線が絡み合っていて面白いストーリーです。
沖田総司・魔道剣 加野厚志 廣済堂文庫 シリーズ第三弾。今回はなんとニセ総司が京の都に出没!次々と無差別殺人を繰り広げるニセ総司にそーちゃんと龍子が挑みます。
沖田総司
(上、下)
早乙女貢 講談社文庫 純粋に剣に生きようとするそーちゃんが丹念に描かれている作品。新選組モノというよりそーちゃんという人間を掘り下げて書かれています。べらんめぇ調で女好きな斎藤一さんが新鮮(笑)。
燃えよ剣
(上、下)
司馬遼太郎 新潮文庫 歳さまが主役。「喧嘩師」歳さまの生き様がすばらしく描かれている名作です!この中でのそーちゃんと歳さまのやりとりが絶妙で兄弟のように仲が良くて微笑ましい♪
新選組血風録  司馬遼太郎 中公文庫 新選組の隊士一人一人にスポットを当てて描いた短編集。大島渚監督の映画『御法度』は、この中の『前髪の惣三郎』『三条磧乱刄』をベースに作られています。
新選組始末記 子母澤寛  中公文庫  新選組を実際に知っている人々から聞いた話を基に丁寧に描かれているのでかなりリアルだけれども、創作の部分も多々あるらしいです。が、史料としても一級品です。
新選組遺聞  子母澤寛 中公文庫 「始末記」と同じく、史料+創作ですが、読み応えは十分。左之っちの奥様の話は必見!
新選組物語  子母澤寛 中公文庫 「始末記」「違聞」と並ぶ新選組三部作。この本は前2作に比べて創作ストーリーが多いような気がします。
新撰組  物語と史蹟を訪ねて 童門冬二 成美堂出版 新選組関連の史蹟の詳しい解説と写真も載っているので、役に立ちます。
沖田総司 物語と史蹟を訪ねて 童門冬二 成美堂出版 上記の「新選組」と同じシリーズ。物語部分のそーちゃんの数々のエピソードに私は涙しました。小説としても面白いし、史蹟の解説は詳しいし、二度おいしい一冊です。
沖田総司恋唄 広瀬仁紀 小学館文庫 歳さま曰く「こいつ、阿呆でねえのか」というほど天衣無縫なそーちゃん。悲哀をみじんも感じさせない描写がかえってそーちゃんの儚さ、純粋さを際だたせていて好きな作品です。
新選組の哲学 福田定良 中公文庫 堅いタイトルとは裏腹に、抱腹絶倒な一冊です。新選組パロディー集とでもいいますか。中でも「斎藤一の訓話」という章は爆笑モノ。新選組ファンの方には大オススメ本です。
沖田総司
六月は真紅の薔薇
(上、下)
三好 徹 学陽書房
人物文庫
このそーちゃん、私の中の総司像に一番近いかも。己の生き方を自問する姿が印象的です。そーちゃんが労咳になった理由があまりにも美しく哀しすぎる...。
沖田総司哀歌 森 満喜子 新人物往来社 そーちゃんにまつわる短編集。主人公はみなそーちゃんの周辺にいた人で、それぞれの角度からそーちゃんを語っている形式を取っています。中でも「うなぎ」は秀作。

【このページのトップに戻る】


◆史料・研究書・雑誌特集
タイトル 著者・編者 出版社 コメント
沖田総司・
おもかげ抄
森 満喜子 新人物往来社 「沖田総司研究家」森先生の詳細なそーちゃん研究書。そーちゃんに関するほぼ全ての史料・聞き書きが掲載されていて、そーちゃんの人となりを知るのに最適な一冊です。
新選組史料集
コンパクト版
新人物往来社編 新人物往来社 新選組を知る上での原点となる史料が一挙掲載されている便利な一冊。「壬生浪士始末記」「島田魁日記」「中島登覚え書」など生の新選組を感じられる史料が盛りだくさんです。そーちゃんの手紙も掲載されています。
新撰組史録 平尾道雄 新人物往来社 昭和3年に初版が出ているこの本は『新選組始末記』と並んで新選組研究本の古典です。数々の史料を元に丹念に新選組の歴史を解説してあります。
新選組誠史 釣 洋一 新人物往来社 新選組の詳細な研究書。山崎烝の水葬考や歳さまの戦没地についての考証、沖田家の家系の話など、興味深い研究ばかりです。
新選組戦場日記 木村幸比古 PHP研究所 平成10年に発見された永倉新八の手記「浪士文久報国記事」を分かりやすく解説してあります。幹部だった新八っつあんの手記だけに生々しい!
新撰組顛末記 永倉新八 新人物往来社 大正2年に小樽新聞に連載された新八っつあんの回顧録をまとめたもの。血湧き肉踊る新選組の活躍が目に浮かぶようです。
新選組のすべて 新人物往来社編 新人物往来社 会津・箱館における戊辰戦争の様子が詳しく解説されている他、新選組ブックガイド、隊士辞典、史蹟辞典などガイドとしても便利な一冊。
新選組100話 鈴木 亨 中公文庫 新選組とその周辺の人々にまつわる話を年代順に収録。わかりやすい新選組史としても楽しめるし、史料の出典も掲載されているので参考になります。
土方歳三の日記 伊東成郎 新人物往来社 新発見の史料に基づく歳さまに関する考察が満載。推察の域を出ない物もあるものの、伊東先生の軽妙な文体に思わず引き込まれます。
松平容保は
朝敵にあらず
中村彰彦 中公文庫 筆者の幕末に関する歴史エッセイをまとめた物。会津藩、新選組、遊撃隊などについての考察がなされています。
新選組
幕末を駆け抜けた最強の剣客たち 
歴史クローズアップシリーズ 世界文化社 写真・図版が多く、新選組の参考書的一冊。数人の作家の方々がそれぞれ新選組を分析しています。
ビジュアル日本の歴史11   デアゴスティーニ・ジャパン  石ノ森章太郎氏の「マンガ日本の歴史」+写真・図版。桜田門外の変から池田屋事変までを解説しています。
沖田総司 
新選組青春譜 
歴史読本
1999年11月号
新人物往来社 雑誌「歴史読本」のそーちゃん特集。そーちゃんに関するいろいろな謎に迫るコーナーが面白いです。
新選組全史 歴史読本
2000年12月号
新人物往来社 雑誌「歴史読本」の新選組特集。年代記、裏面史など最新の研究がまとめられた一冊となっています。
新選組
幕末に咲いた
滅びの美学
文藝別冊 河出書房新社 新選組に関するエッセイ、対談、小説、マンガ、研究、資料等々。子母澤寛氏のエッセイのような古い文献から最新の研究まで幅広く収録されていて面白いです。

【このページのトップに戻る】


◆マンガ(著者あいうえお順)
タイトル 著者 出版社 コメント
修羅の刻(とき) 川原正敏  講談社少年マガジンコミックス 2、3巻が新選組関連。主人公は「陸奥圓明流」という流派を使う格闘家で、坂本龍馬と友人になるという設定。3巻には主人公とそーちゃんの決闘シーンがあって、これが泣ける。
天まであがれ! 木原敏江 秋田文庫
コミックス
こちらもそーちゃんが主役。爽やかで明るく、少女マンガの典型的なヒーロー!新選組と少女マンガの魅力を見事にミックスしてます。(全2巻)
新撰組異聞
PEACEMAKER
黒乃奈々絵 エニックス
ガンガンコミックス
何故か京都で入隊する市村鉄之助が主役。女の子みたいなそーちゃんとやさぐれた歳さま、そして豪快な左之助がいい!(現在1〜6巻 以下続刊)
浅葱色の風 里中満智子 中公文庫
コミックス
そーちゃんが主役。やや甘めのストーリー。そーちゃんの一人称が「ぼく」で、なんかほのぼのしてる。(全1巻)
風光る 渡辺多恵子 小学館フラワーコミックス 私を「そーちゃんファン」に走らしめた作品。とにかくそーちゃんが可愛い!けれど、いつも笑顔を絶やさないそーちゃんの姿がかえって切なく思えてしまうのは私だけ?(現在1〜10巻 以下続刊)
あさぎ色の伝説 和田慎二 白泉社花とゆめコミックス いわゆる「新選組モノ」ではなく、オリジナルな登場人物とエピソードでそーちゃんと新選組を描いている骨太な作品。上洛前の試衛館連中とそーちゃんの日常が面白いです。(全4巻)

【このページのトップに戻る】

 「熱き時、君は風。」のトップに戻る

GO TO TOP!