A10_家元・家元の作品

006黄緑の椅子

00家元写真.png

1978年、真生流家元を継承。
縄文土器から李朝の白磁大壺まで古陶器にいける花をライフワークとしている。
1994年9月、ワシントンDCの女流芸術美術館に作品を展示。
1997年11月、テノール歌手ホセ・カレーラスを迎えて行われた
「MIHO MUSEUM」完成披露コンサートでの舞台花を担当する。
2003年3月、「山根由美-古陶器にいける」個展を開催する。
NHK「婦人百科」をはじめとしたテレビ出演や講演活動を幅広く行っている。
また「山根由美フラワースクール」を主宰し、自然をいかしたアレンジメントフラワーを提唱している。
2004年6月には中国・北京にて、「狂言・語り・いけばなの宴」と題された海外公演にいけばなの代表として参加。狂言師・野村万作氏、語り芸術家・平野啓子氏とともに、舞台芸術公演を行った。
2005年6月、7月日本国際博覧会「愛・地球博」において、皇族・諸外国からの賓客をお迎えする
「迎賓館」のいけばなを担当する。
2005年、2006年東京国立博物館にてお正月花を担当し、以後隔年ごとに担当、今日に至る。
現在、公益財団法人 日本いけばな芸術協会評議員


著書『花がたり-山根由美のいけばな世界』(婦人画報社)
  『飾る花 贈る花』(小学館スクエア) 等



山根由美 講演例

「生活文化としてのいけばな」東京国立博物館【夏期講座】 1995年8月
「生活の中のいけばな」   学習院大学【生涯学習センター】 
「いけばなと日本絵画」   静岡新聞社・静岡放送主催【茶華道講座】 2004年1月・2月
「花の器さまざま」     静岡新聞社・静岡放送主催【茶華道講座】 2004年6月

i1-0025.png

i2-0014.png

i3-0007.png

i4-0035.png

i5-0026.png

i6-0077.png

006黄緑の椅子

副家元写真.jpg
家元山根由美の長女として東京に生まれる。幼少の頃よりいけばなを習う。
慶応義塾大学文学部卒業。
㈱JTBに入社。退職後、次期家元として家元をサポートする。
2008年副家元就任。
東京国立博物館のお正月花をはじめ、 各種花展等に大作を出品、
またいけばな誌に作品等を掲載
公益財団法人日本いけばな芸術協会 常任委員