民主主義への恐怖

作成:H22/09/06

新エキスパンションです。

個人的には机上机から後はもう出ないんだろうなぁと半分諦めていたのですごく嬉しかったのを記憶しています。

絵の方ですがカード名的にどう表現したものか、かなり悩みました。

今思うとその時に色々思考を巡らせてた状況を実際には楽しんでいた部分も多かったようにも思います。

アメリカ合衆国にあるラシュモア山っぽい雰囲気と怖そうという事でガイコツを描いてみたり

したんですが、何を表現したいのかよくわからない絵、ただ描いてあるだけの絵になってしまったので、

困っていました。

おそらく、深い部分ではどういう絵が自分の考えられるベストな構図か、これは自分の中で決まっていたとは思うのですが、

それはとても手間がかかるのと、技術的に見て自分ではおそらく完成しないであろうという意識、

ラシュモア山の構図で絵的に良くできるであろうというどこか甘い考えがあって

難しい方の構図で絵を完成させる事について、なんとなくではあるんですが避けていたように思います。

だったんですが、ラシュモア山の方で作業を進めても実際には全然良くならず、

納得のいかない絵を投稿する事についてとても抵抗があったので、

期限ギリギリまでなんとかやってみよう、という事で避けていた構図に手を出してみることにしました。

やってみると思ったとおり、なかなか思い通りにはいかなかったんですが、

修正とやり直しの繰り返しでなんとか少しづつ形になっていきました。

各国首脳の顔が一つづつできていくステップを経る毎に、これならなんとか完成できそう。

というのを実感していました。

市民についてはシュプレヒコールっぽくプラカードを掲げてる絵が映えそうなので入れています。

プラカードに描かれている文字については、例のあれです。

監督者であるjxtaさんが過去ログでその件に触れていたのを思い出したので、ちょっとした遊び心で入れました。

といってもあまり露骨では下品なので目立たないように描き入れました。

見ての通り(だといいんですが)各国首脳の顔については実在の人物にちょっと似た感じの絵です。

似てなかったらすんません。というかあまり似てても肖像権で困る気がします。

ラシュモアの時に描いていたガイコツもアクセントに入れています。

最終的には首脳のうち2人の絵が肖像権的に目立つので修正、描き入れしています。

自分の納得できる形で投稿できて良かったと思っています。