太宰治を知るために



私は太宰治をもっと知りたい、理解したいという気持ちで太宰治に関する本を何冊か読みました。
これらの本は、「ホームページ斜陽」を作成するに当たっても非常に参考になりました。
太宰治の全作品を読む事も大切ですが、太宰治をもっと知りたい方は、是非読んでみてください。

タ イ ト ル著 者出 版 社コ メ ン ト
回想 太宰治野原 一夫新潮社 野原氏は編集者として太宰治のそばにいました。
太田静子さんに会った時の話もあり興味深いです。
私はこの本で太宰治にハマリました。(笑)
おすすめ度 ★★★★★
太宰治 生涯と文学野原 一夫筑摩書房 太宰治の生涯と文学を克明に書いています。
「回想 太宰治」に書いた事と重複を避けています
ので、先にそちらを読んだ方が良いです。
おすすめ度 ★★★★☆
人間 太宰治山岸 外史角川書店 太宰治の友人だった山岸氏の本。
エピソードがたくさんあって、面白いです。
太宰治の知らない面が見えてきます。
おすすめ度 ★★★★★
小説 太宰治檀  一雄審美社 太宰治の親友だった檀氏の本。
これもエピソードがたくさんあって、面白いです。
「熱海事件」はあまりにも有名です。
おすすめ度 ★★★★★
探訪 太宰治の世界 渡部 芳紀ゼスト  写真をふんだんに使った、太宰入門書です。新見も
もったつもりですが。活字離れの若い人、高校生、
大学生にいいかなと思います。(渡部教授より)
写真がとても綺麗で良いです。
おすすめ度 ★★★★★
太宰治情死考片山英一郎たいまつ社 山崎富栄が太宰治を殺したという説が、何の根拠も
ない全くのデタラメだという事がわかります。
権威ある人の発言は恐ろしい。。。
おすすめ度 ★★★★★
太宰治との愛と死のノート山崎 富栄
長篠康一郎
学陽書房 太宰治との出会いから、死ぬ直前までの日記です。
涙が出そうになるくらい悲しいです。
山崎富栄は悪女ではありません。
おすすめ度 ★★★★☆
回想の太宰治 津島美知子人文書院 太宰治の日常を一番知っていた奥さんの書いた本。
創作の様子や日常生活もよくわかります。
苦労した一生だったと思います。
おすすめ度 ★★★★
太宰治 細谷 博岩波書店 太宰治の再入門の書として書かれた本。
難解な解説がなくて、わかりやすいです。
おすすめ度 ★★★★
含羞の人 私の太宰治矢代 静一河出書房新社 太宰治と三島由紀夫を会わせた方の書いた本。
劇作家の目から見た太宰治が書かれています。
おすすめ度 ★★★★
太宰治  奥野 健男文藝春秋  太宰治に関しての第一人者とされている方の本。
作品すべてを解説しているのは、すごいです。
初めての人には難解なので、不向きです。
おすすめ度 ★★★★
苦悩の旗手 太宰治 杉森 久英河出書房新社 杉森氏は編集者として数回太宰治に会っています。
太宰治の兄達に会った話が面白いです。
おすすめ度 ★★★☆
斜陽日記太田 静子小学館  『斜陽』のもとになった日記です。
文学としては、ちょっと読みづらい感じがします。
『斜陽』を読んで好きな人には、おすすめです。
おすすめ度 ★★★
別冊國文學NO.7
太宰治必携
三好 行雄
學燈社  太宰治とその作品を知るために必携です。
作家論、作品論、現代の評価をまとめています。
おすすめ度 ★★★★
別冊國文學NO.47 
太宰治事典
東郷 克美
學燈社  太宰治全作品、作中人物・モデル、キーワード、
太宰治語彙、太宰治名言などの事典です。
よく作ったなと感心しました。重宝してます。
おすすめ度 ★★★★
微笑の受難者−太宰治森安 理文社会思想社 ちょっと違う観点から、太宰治を分析しています。
太宰治の死に関して面白い事書いています。
おすすめ度 ★★★
太宰治−法衣の俗人−矢島 道弘明治書院 これはちょっと難しいのです。
私の理解不足かも。。。(爆)
BUT!『斜陽』『人間失格』の解説は秀逸です。
おすすめ度 ★★★★★
太宰治文学海外の評価武田 勝彦
創林社 太宰治の海外での評価をいくつか紹介しています。
日本での評価と違う面がわかって面白いです。
おすすめ度 ★★★★
※「おすすめ度」は、私の主観ですから、一般的な評価ではありません。あくまでも参考としてください。
 また、私は古本屋で購入した本もありますので、普通の書店にはない本もあります。


太宰治の伝言板

斜 陽 太宰 治 太宰治の魅力 山崎富栄 太宰治の年譜 太宰治の作品 太宰治のエピソード

太宰治のレポート 太宰治ゆかりの場所 太宰治リンク 太宰治クロスワード 如是我聞

目 次 読書な日々 何でも伝言板 チャット リンク エトセトラ プロフィール