山崎富栄


  

山崎富栄 大正8年(1919)〜昭和23年(1948)

大正8年(1919年)、東京都本郷区東竹町十七番地に、山崎晴弘の二女として生まれる。

富栄の父晴弘は妻信子と共に、大正2年、日本最初の美容と洋裁の専門学校である東京夫人
美髪美容学校(通称:お茶の水美容学校)を創設した。

  昭和13年、銀座二丁目にオリンピア美容院を開設、富栄は義姉山崎つたと共にその経営を任された。

  昭和19年、奥名修一と婚約し12月9日に結婚したが、修一は12月21日三井物産マニラ支店に単身赴任する。
  米軍上陸のため現地召集され、戦闘に参加したまま行方不明となる。

  昭和20年、B29による帝都大空襲により、お茶の水美容学校、銀座オリンピア美容院など焼失する。
  富栄は父母と滋賀県八日市町へ疎開した。

  昭和21年、富栄はミタカ美容院に勤めることになり、野川あやの方に下宿する。

  昭和22年3月27日、うどん屋で太宰治と知り合う。

  昭和23年6月13日夜半、太宰治と玉川上水に入水する。

  6月19日早朝に2人の遺体が発見された時、太宰治の遺体は、数時間後に立派な棺に移され運ばれたが、富栄の
  遺体は、午過ぎまでムシロをかぶせたまま堤の上におかれ、父晴弘が1人で、変わり果てた娘の前に忘れられた人
  のように立っていたという。

  入水したとされた場所に下駄を引きずった痕があったことから、富栄が太宰を無理矢理道連れにしたと思われたり、
  何の根拠も無いのに、富栄が太宰治を殺したとする者もいた。

  妻子ある男を愛し、心中した富栄は、太宰治を殺した悪女のように言われたが、その後当初入水されたとされた違
  う場所に、男ものと女ものの下駄が揃えて置いてあったという新事実が明らかにされた。
  また、山崎富栄の書き残したノートを読めば、合意のうえでの心中であったことは、間違いないと思われる。

  しかし、山崎富栄は太宰治を心から愛していたが、太宰治が山崎富栄を愛していたか否かは、今となっては誰にも
  わからない。






山崎富栄のノート



明 い 病 ん 先 六 う お ま ど 愛 五
日 浮 と  °生 月 ご 逢 す う し 月
は か 闘 い が に ざ い  °し て 十
お べ い い 私 先 い し 御 た し 九
逢 て な え よ 生 ま た 病 ら ま 日
い 下 が そ り が す い 気 よ い  
で さ ら ん 先 死  °ば で ろ ま  
き る 奥 な に ぬ   っ も し し ∧
る と 様 馬 亡 と   か な い た 一
の き の 鹿 く い   り ん の  ° 九
で が 御 げ な こ   に に で 先 四
し あ 看 た ら と   町 も し 生 七
ょ る 護 こ れ に   を で ょ を 年
う の を と る 首   歩 き う 愛 ∨
か で う が と を   き な か し  
 °し け ど い 賭   店 い  ° て  
  ょ な う う け   を 私 お し  
  う が し こ た   覗 は 逢 ま  
  か ら て と 女   い 悲 い い  
   °あ 信 な の   て し で ま  
  今 な じ ど 人   帰 ゅ き し  
  日 た ら 信 が   る う な た  
  で は れ じ お    °ご い  ° 
  二 ふ ま た あ   女 ざ 日    
  日 と し く り   な い は    
  に 私 ょ も に   る ま 不    
  も の う ご な   身 す 幸    
  な こ  °ざ っ   が  °せ    
  り と   い た   悲 先 で    
  ま を   ま と   し 生 ご    
  す 思   せ か   ゅ に ざ    
   °     °         


す あ す 兄 洗 あ 川 な 前 父 い 野 豊 い み 仰 修 奥 静 御 前 あ お ご 御 母 父 さ み 御 遺 六
み と み さ 面 り 向 っ の 上  °平 島 つ ん 言 治 様 か 相 の と 体 め 苦 上 上 よ な 一 書 月
ま お ま ん 器 ま こ て 角 様 園 さ 先 も な る さ す に 談 千 の 大 ん 労 様 様 う さ 緒 を 十
せ ね せ   の す う い の   子 ん 生 泣 し の ん み 小 く 草 こ 切 な ば     な ん に お 三
ん が ん   こ  °の る 洋   ち 石 を い て も は ま さ だ さ と に さ か     ら   つ 書 日
  い     と 貰 マ と 裁   ゃ 井 一 て い う 肺 せ く さ ん お 仲 い り         れ き  
  い     駅 っ | 思 屋   ん さ 番 い じ だ 結 ん と い と ね 睦   お         い に  
  た     前 て ケ い に   ご ん 尊 ま め め 核   む ま 野 が ま   か          っ な ∧
  し     の 下 ッ ま 黒   め 亀 敬 し て な で   ら し 川 い じ   し         て り 一
  ま     丸 さ ト す 不   ん 島 し た 殺 の 左   っ   さ し く   ま          い   九
  す     み い す か 二   な さ て  °す で の   て   ん ま お   し         た   四
   °    に  °み ら 絹   さ ん 愛   の す 胸   下   に す す   た         だ   八
        依   れ 返 一   い 太 し   で  °に   さ   は   ご             く   年
        頼   酒 品 反   ね 宰 て   す   二   い   い   し                 ∨
        し   店 し が    °さ お    °  度       ろ   下             
        て   に て い     ん ら       の       い   さ            
        あ   去 下 っ     の れ       水       ろ   い            
        り   年 さ て     お ま       が       お   ま            
        ま   の い ま     う し       溜       世   し            
        す   八  °す     ち た       り       話               
        か   月    °    の  °      こ       ね              
        ら   の   ま     こ         の       が              
        訪   月   だ     と         ご       い              
        ね   給   な     を         ろ       ま              
        て   未   に     見         で       し              
        下   が   も     て         は       た              
        さ   約   手     あ         痛                   
        い   三   付     げ         い                  
         °   千   か     て         痛                   
            円   ず     下         い                   
            位   に     さ         と                   



太宰治の伝言板

斜 陽 太宰 治 太宰治の魅力 太宰治の年譜 太宰治の作品 太宰治のエピソード 太宰治を知るために

太宰治のレポート 太宰治ゆかりの場所 太宰治リンク 太宰治クロスワード 如是我聞

目 次 読書な日々 何でも伝言板 チャット リンク エトセトラ プロフィール