太宰治の作品



 太宰治と中央線   太宰治ほど中央線を作品に書いた作家はいないでしょう。
 新宿から三鷹までの中央線快速電車が停車する駅名は作品の中に
 全て登場します。
 人間失格   太宰治の作品の中でもっとも有名な作品、『人間失格』。
 解説を少しと、印象に残った言葉をまとめています。
 待 つ   非常に短い作品ながら、心に残る作品。
 主人公は、太宰治は、一体何を待っていたのだろう。
 代 表 作   太宰治の代表作と言われている中で、私がいくつか選びました。
 ちょっとですが、解説も書いてあります。
 『走れメロス』『駈込み訴え』など6作品
 年 代 別   太宰治の作品を年代別に整理したものです。 
 見やすく書いたつもりです。
 おすすめ   代表作とまで言われていませんが、私が印象に残りおすすめする
 作品をいくつか選びました。
 『右大臣実朝』『燈籠』『新ハムレット』など8作品
 ユーモア   太宰治はとかく「暗い」と思われがちですが、私は太宰治の真髄 
 はユーモアにあると思います。
 そんなユーモアあふれる作品をまとめてみました。
 『お伽草子』『乞食学生』『鉄面皮』など6作品
 ジャンル別   太宰治の作品をジャンル別に整理したものです。
 これは難しい。。。中途半端です。。。
 
 新潮文庫の太宰治   新潮文庫の太宰治17冊です。
 収載作品、発行部数などまとめてみました。
 


太宰治の伝言板

斜 陽 太宰 治 山崎富栄 太宰治の魅力 太宰治の年譜 太宰治のエピソード 太宰治を知るために

太宰治のレポート 太宰治ゆかりの場所 太宰治リンク 太宰治クロスワード 如是我聞

目 次 読書な日々 何でも伝言板 チャット リンク エトセトラ プロフィール